注文住宅の変動金利の住宅ローン

資金計画をしっかりと立てよう

注文住宅は、様々な希望を入れることができるので、理想的な住まいを作れるのがメリットです。世界でひとつの個性的な家を作りたい人にもぴったりです。自由な家作りができる注文住宅には多くのメリットもありますが、注意したいところもあります。まず、希望を自由に入れることはできますが、あまりにも多く入れすぎてしまうと、予算オーバーになってしまいます。予算内で理想の家を作ることも大切ですので、お金を掛ける部分とカットする部分もしっかりと考えていきましょう。住宅は高額な買い物ということもあり、20年、30年と長期間のローンを組んで支払うことが一般的です。住宅ローンは無理なく完済できることが大事ですので、資金計画もきちんと立てておきましょう。

変動金利のメリットと注意点を知る

住宅ローンには固定金利と変動金利があります。変動金利は適用金利が低いのがメリットです。金利の低い状態が続けば毎月の負担も少なくなり、総返済額も安くなります。そして、低金利であることは返済期間を短くすることにもつながります。変動金利の注意点も知っておきたいところですが、金利が上がれば当然、毎月の返済額と総返済額が増えます。金利が変わらない固定金利とは違い、完済までの返済額が未確定であることも理解しておきたいところです。完済するまでは、変動金利が有利になるのか不利になるのかを知ることはできませんが、金利が上昇しないうちに繰り上げ返済をして、返済期間を短くするなどの工夫も考えておきたいところです。金利の変動リスクにしっかりと対応できる人に向いているといえるでしょう。

人によって住みたいと思う住宅は違うでしょう。しかし、一戸建ては特に子供が多い家族の方々にとって、集合住宅より優れているのは事実です。部屋が多く使える利点は、集合住宅より優れています。