住宅ローンで確保する注文住宅の資金

住宅購入に備えて早めに金融機関に相談しよう

住宅ローンを元手に注文住宅の購入をしたい時には、早めにローンの貸付金利や返済期間、手数料といった条件が良い金融機関へ相談に訪れるのがおすすめです。金融機関によっては、一人ひとりの顧客の経済力や購入希望の住宅の価格に応じて、無理のない借入の方法について分かりやすく説明したり、返済シミュレーションを行ったりしているところもあります。また、近隣のハウスメーカーや工務店と提携している金融機関の中には、住宅購入の事情に詳しいスタッフが対応してくれるところも少なくありません。そうした中、理想的な借入先を見つけるうえで、余裕を持って各地の金融機関のローンの仕組みについて調べたり、ローン契約者の体験談を参考にしたりすることが大事です。

多額の資金を工面する際は月々の返済額や返済期間に注意しよう

住宅ローンを利用して多額の注文住宅の購入に必要な資金を工面したい人は、途中で滞納や返済の遅れなどのトラブルを防ぐために、月々の返済額や返済期間の長さに注意をして契約を結ぶことが肝心です。一般的に、公務員や上場企業に勤める会社員など安定収入がある人は、一度にまとまった金額の融資を受けられる可能性が高いものの、必要以上に借入をすることで返済中の利息の支払い額が多くなってしまうリスクもあります。こうした問題に対処をするうえで、いくつかの金融機関の住宅ローンの返済プランの特徴を比較するのはもちろんのこと、親族を頼りにしてなるべく多くの頭金を用意したり、低金利で融資を受けられる金融機関を借入先の候補に入れたりするのがポイントです。

新たに建てられた住宅でまだ人が居住していない物件のこと。新築一戸建てではない一軒家は中古一戸建てです。